« 楽天の商売は上手なのかずるいのかよく解らない | トップページ | 「エクスプローラー使うな」? »

電子書籍は誤字ありき

 電子書籍では誤字があるのが普通な感じになってしまっていて、ちょっとイヤなところです。

 Kindle本に多いように思いますが、他でももちろんあるよ。

 「肩の力を抜く」の場合だと、「一肩の力を抜く」や「一眉の力を抜く」となっていたりします。
 横書きだと、なんでやと思いますが、縦書きだと、まあそんな間違いもあるわなあと思う。

 もしかしたら、そういう言い回しもあるのかもしれないけれど。

 OCRのあと、人の目でチェックしていないのかな。
 していても見逃すのかな。

 読んでいると、これ変とすぐに気づくのですが、チェックするときは、仕事というか作業というか、違う感覚になってしまうのかな。

 間違っていること自体が気になる以外にも、「てにをは」だったりすると、意味が繋がらなくなったりして、読んでいるペースが乱されるのが困るかな。
 速読ができる人は、こういうときどうなんだろ。

 紙の本の時点ですでに誤字で、電書でも忠実に再現している可能性もあるか。

|

« 楽天の商売は上手なのかずるいのかよく解らない | トップページ | 「エクスプローラー使うな」? »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 電子書籍は誤字ありき:

« 楽天の商売は上手なのかずるいのかよく解らない | トップページ | 「エクスプローラー使うな」? »