« 2006年10月 | トップページ | 2006年12月 »

辛かったり甘かったり

 名古屋に行く用事があったので。
 アスクルじゃなくてアスナル金山の龍虎餐房(ロンフーダイニン
グ)で、楊州炒飯ランチ。胡椒ですか。スパイシーな炒飯でした。

 剣門麻婆豆腐(だったのかどうか。石鍋麻婆豆腐)は辛め。
 景徳鎮みたくめちゃ辛いというわけではないです。ここのはほん
ま辛かった。つらかったと書いても良いくらい。同じ漢字だし。
 紙おしぼりには、龍虎厨房(ロンフーキッチン)と書いてあった
が、気にしなくてよしですか。大須 301 かしら。

 タカシマヤの「萌しぇ」では栗のムース(パフェだっけか?)と
利休をお土産に。洋菓子だけど和風なスイーツと言おうか。

 あるある、でいうところの亜鉛が足りないのか、簡単な商品名も
すぐ忘れます。余談おわり。
 萌 chez で「もしぇ」ですか。なんでこんな商号に。誰かのお名
前ですかね。

| | コメント (0) | トラックバック (4)

雪だるま


 入っていたかも。

 いやだから、スナック菓子はあんまり食べると太るよ>私。
 健診近いし。コレステロール値高いし。

 んー、こういうのは自分で見つけるのが楽しみなのであって、出
たからと公表するのはあんま良くないのかもしれないな。


Happy Happy
周期17日目(高温期4日目)--京子食道楽の旅--
http://ajhappy.blog49.fc2.com/blog-entry-58.html

| | コメント (1) | トラックバック (0)

半月

 16 日の朝日朝刊三重版に、『半分の月がのぼる空』から派生し
た出来事の記事が載っていた。
 私はこの小説を未読なので何とも言えませんが、Yahoo! 動画で
無料アニメがあったので、通して見てみた。
 新聞記事になっているということは、ソースとしては新鮮じゃな
いのでしょうし、巡礼する人はとっくにしているよね?
 しかし、期間限定観光地みたくなってしまうのだろうか。


 クリックして拡大したら、読める大きさになるでしょう。
 著作権が心配です。

 暇みて行ってみようか。帰りにお伊勢さん寄って。


月の泡沫『半分の月がのぼる空』私設ファンサイト
http://wishing-upon-the.halfmoon.jp/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

バックビートの矢野

 5日。
 神戸は三宮のバックビートにて、矢野絢子のライブがあり、行っ
てきました。
 しかし、2日前には亀山の月の庭に来ていたのに、そっちには気
づかなかったのでした。

 時間があったので南京町に行ってみた。
 横浜中華街の小さい版というか、でもちょっと違うか。
 中華街は、屋台よりも店内で食べるところが多かったように思う
のですが、南京町は、屋台(テイクアウト)が主のような感じがし
た。私の感じね。
 皇蘭と老祥記と、あと屋台を冷やかしたくらいなのですが、おい
しかったですよ。

 香港で食べて、うまくない! と思った亀ゼリーを買ってしまっ
たり。これは缶詰だけど。
 こういうところは、そこ自体を目的として遊びに来ないといけま
せんな。時間が足りなくなってしまう。

 さて、矢野絢子。前座というか、オープニングアクトに竹上久美
子って女性が出てきました。この人もピアノ弾きの歌い手さん。
 22 才らしく、若いわー。これからですね。矢野や小谷に比べる
と、声量がまだまだかしら。ポップな歌なので、声量はあまり問わ
れないかも。
 その後、ヴァイオリニスト?の嶋崎史香の調べを聴き、真打ちの
矢野登場。全部で3時間くらいだったか。
 ところで、今回のライブは今ひとつだったと思うのですが、私だ
けでしょうか。
 私はまだ2回目なので、どうこう言える立場ではないかもしれな
いけれど、今回が4回目という友人も、これまで聴いた3回の方が
良かった、ということみたいです。
 2人とも新しいアルバムを聴かず(予習せず)に来たので、それ
も原因のひとつかもしれません。
 なのに、会場では、矢野のニューアルバムを買わずに、竹上のC
Dを買って帰ったり。
 そのCDにサインをしてもらったり、握手をしてもらったりと、
一回り以上若い子相手に喜んでいるのもどうかと思いましたが。

 矢野自身も言っていたけれど、ピアノの向きが逆だったので、ち
ょっと違和感があった。
 普通、ピアノの右側面がこちらを向くように置かれると思うので
すが(アーティストの右側が客に見えるってわけ)、それが反対だ
ったんだなあ。
 矢野にしても、首を右に向けて、客と相対するのに慣れていると
思うのだけど、今回は、反対に左に向けてってことだったので、変
な感じだったのじゃないかな。

| | コメント (1) | トラックバック (1)

入場待ち

入場待ち

もうすぐ矢野絢子

| | コメント (0) | トラックバック (0)

酢でも

 スーパーに行くと、ちょくちょく、何でこんな所にこんな商品が
置いてあるの? という場面に出くわす。
 客が一度かごに入れたものの、やっぱり買うのをやめ、元の陳列
棚に戻さないで、手頃なところにほっぽり出していくってやつです
ね。
 ただ単純に脳が足りなくて、元々どこに置いてあったのか判らな
くなり、そこらに置いていくのなら、まあ仕方がないか。
 たいていの場合は、面倒くさくて、ぽいって置いていくのでしょ
うね。
 そういうバカな客がいることを見越したサービスをしなくちゃい
けないよね、お店側は。大変だ。
 気づいたら速やかに元の場所に戻すとか。
 思うに返品棚をあちこちに作っておいたらいいのじゃないかしら
ね。
 元の場所に戻しに行かなくても、返品棚に置くだけで済むし。
 店側は、棚をちょくちょくチェックして、商品を戻す手間が増え
るわけですが、てんでバラバラに商品がポイ置きされているよりは
ましだと思う。
 それでも勝手なところに置いていく、さらにバカな客もいるでし
ょうけど。
 んー、そもそも、ポイ置き率はあまり高くないだろうから、返品
棚を作る方が手間か。残念。

 それはそうと、バナナ酢ってのを買ってきた。

 牛乳で割って飲むのも良しとのことで、試してみるも、まずいで
すねえ。こりゃ慣れるまでが大変だ。素直に水で割った方がまだま
しかもしれません。
 普段はヤクルトの黒酢を飲んでるんですけどね。
 長い間飲んでいると、結局、酢が何に良くて飲んでいるのか忘れ
てしまっていて、ただの習慣になっていたり。
 なんだったろ、コレステロールを下げる? 血液をさらさらにす
る?

| | コメント (0) | トラックバック (3)

セッション

 2日木曜は、会社を早退して、名古屋のダイアモンドホールに行
ってきました。
 もうすでに翌日の夜ですけどね。昨日のこの時間は、聴いていた
んだな。

 日本臓器移植ネットワーク presents
 ZIP-FM SPECIAL LIVE "SWINGING SESSION"

っての。
 招待制で無料でしたが、まあ無料だけのことはあるかも。
 2千通の応募があり、当選 400 組 800 人とのこと。ただまあ、
当たっても来ない人もいれば、私のように1人で来る人もいるだろ
うし(さむい)、そこそこの人数ってことで。
 JOTNW の Web では、350 組 700 人と書いてあったが。

小谷美紗子
山田タマル
RIKUO
おおはた雄一
川嶋あい
ジェイムス・ヘイブンス
が出演者。出演順ね。

 18:30 開演で、終了が 22 時前。オールスタンディングで座席な
んかないし、18 時の開場からカウントしても4時間ずっと立ちっ
ぱなしで、腰といい、足といい、痛すぎでした。
 ちなみに1日経ってもふくらはぎの痛みは残ってます。年は取り
たくないものです。

 それぞれのアーティストが5曲程度でしたか。アーティストが替
わる間に 10 分近く、セッティング直しの時間があり、その時間が
妙にだれました。客側の雑談っていうか私語も多かったし。
 最後にセッションしたビートルズのオブラディ・オブラダは良か
ったんじゃないでしょうか。

 私は、小谷と川嶋が目的で行ったのですが、小谷は、マイナーな
こと+MC下手の無愛想系なためか、観客に変に思われていたので
はないでしょうか。
 いい歌を歌うんですけどねえ。

 さて、臓器移植の意思表示を携帯しようというとのことですが、
本人が臓器移植を良しとしていても、いざ本人が死亡し、移植のた
めに摘出をするとなると、家族が反対するってことがよくあると思
う。綺麗な体?で葬儀を行いたいといえばいいのかな。

 時間が押して、夕食を摂らずに電車に乗り込み、帰ることに。
 家で、日清焼そば食べましたよ。
 細かいことですが、日清焼きそばじゃなくて、焼そばですよ。


(社)日本臓器移植ネットワーク・ホームページ
http://www.jotnw.or.jp/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ひっこし2

 一応、日月火の3連チャンですかね。
 火曜の 23 時から3時まで引っ越しの手伝いでした。オリオン座
も結構高い位置に来ますねー。
 途中からハイになりはしたものの、力はもう入らない。
 こんなの書いていないで、風呂入って寝るべし。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年10月 | トップページ | 2006年12月 »