8月10日は朝カルDAY

 えーと、8月10日は朝カルDAY、と書いてあったような。

 朝日カルチャーセンターの広告だったかと思うのですが、カルディの宣伝かと思った。

 朝からカルディのセールがあるのを、ディとDAYをかけて、とか。違いましたか。

 朝からカルボナーラを食べる日、というのでも良いか。


朝日カルチャーセンター
https://www.asahiculture.jp/

 サイトには特に書いてないような。勘違いかな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

世界遺産って多すぎませんかね

 山・鉾・屋台行事が無形文化遺産に登録されたそうな。

山・鉾・屋台行事、無形文化遺産に登録決定 ユネスコ:朝日新聞デジタル
http://www.asahi.com/articles/ASJD10P5GJCZUCLV01B.html

 めでたいというか、まあめでたいのかなあ。

 18府県の33行事なのだそうで、三重県でいうと、天神祭と石取祭での行事、それに鯨船行事、とのことです。

 増えるばかりで、追いつかないです。
 ただ、どこも人手不足というか、後継者不足というか、ちゃんと続けていけるのかな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

リサ・ラーソン展に行ってきましたよ

Dsc_1766s

 焼き物のまち信楽にぴったりと言おうか、滋賀県(立)陶芸の森 陶芸館で開催されている、リサ・ラーソン展を観てきました。滋賀県陶芸の森と滋賀県立陶芸の森と二種類ありますけれど、ほんとはどっち。

Dsc_1774s

 下の方に車を駐めたので、ダイエット階段を上り下りしましたよ。

Dsc_1769s

Dsc_1768s

 あーえら。

Dsc_1767s

 入場料700円のところ、JAFの会員証を見せて560円になりました。
 お馴染みのライオンや猫などの動物であったり、人物や器などであったり。なんとも愛らしく、女性に人気があるのも頷けます。
 館内は、子どもさん連れも結構いたので、静かでないときもありました。けどまあ。

 出口付近にある売店では、グッズが色々と売っていまして、あれもこれもと買いたいところでしたが(女性が可愛い可愛いと結構買っていましたが)、50,000円の猫はちょっと欲しかったかな。

 チケットと一緒に写したマイキーのピンズと、お土産のチョコレート、それにビンを残しておこうとビスケットを買いましたが、

Dsc_1777s

このビスケットは美味しくないです(あ、普通です)。ギンビスのたべっ子どうぶつを入れておいてくれたら良いのにね。

 信楽焼にしても、たぬきの置物ばかりでなく、いろんな動物を象っていますよ。

 植野のぞみさんの作品もご無沙汰だな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

パラミタの知られざるミュシャ展

 去年3月から各地で開催されていた「知られざるミュシャ展」は、ここ三重県で終わりなのかな。

 パラミタミュージアムにて。ムハー(チェコ語と鼻息を掛けていると思ってくだされ)。

Dsc_0882s

 展示作品の撮影はもちろんしていないので、パラミタガーデンのドウダンツツジ(ベニドウダン)を載せておきましょうかね。

Dsc_0884s

 と書きつつも、ベニドウダンのあちこちにやって来ている蜂たちのブーンという羽音が思ったより大きく、少々びくつきながら撮ったら、1枚は手ぶれで(消去)、この残り1枚は、どこを撮りたかったのかよく判らないようなものになってしまった。


 展示品は、ないものはもちろんあるわけで、ダンスなどの四芸術や黄道十二宮、四つの宝石、四つの星、などなど見られなかったなあ。
 見たのにすぐ忘れているということはないとは思うけれど、ないとはいえない。


 お土産は、図録と缶バッジと缶入りチョコレート(中身はゴンチャロフ)。

Dsc_0885s

 主の祈りなのですが、展示では、表紙から、7つの祈り、アーメンまですべてあったのですが、買ってきた図録には表紙しか載っていないのであった。なんでそんなことするのー。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

アートアクアリウム名古屋版

 アートアクアリウム展~名古屋・金魚の雅~を見て来ました。
 テレピアホールにて。

 結構たくさんのお客さんが来ていたなあ。

 薄暗いものの、展示は撮影OKなのですが、フラッシュ撮影や動画撮影は禁止。
 フラッシュを光らせては注意されている人があちこちで見られました。金魚がびっくりするじゃない。

 あまり載せると見る楽しみが減ってしまうかもしれないので少々。

Dsc_0098s

Dsc_0114s

Dsc_0120s

 引きで撮ると、あんまり判りませんね。
 ぐーっとスマホや一眼を近づけて撮っている人がたくさんいました。

 個人的には、もう少し多くの展示があるかと思っていたのですけれど、ちょっとこじんまりでした。

 おまけは、テレビ塔。

Dsc_0134s

 夜は、上部がオノ・ヨーコさんの言葉「生きる喜び」と光るそうなのだけど、ここに載せた縮小画像ではちょっとその場所は見えないかな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

三重県立博物館って

 総文の前の新しい三重県立博物館って、建物自体は竣工していたのですね。
 このところ全然行っていなかったので知りませんでした。

 開館は来年春ということで、どうせなら早くならないものなのだろうか。

 そういや、ここの近くのブランカは店を閉めてしまうそうです。

 ところで、今の博物館では、オオサンショウウオは元気にしているのだろうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

岐阜県岐阜総合庁舎はええなあ

 岐阜県岐阜総合庁舎に行く機会がありまして。

 大理石の階段やシャンデリアや、なんかこう趣のある建物なのです。
 趣があるといっても、働いている人にとっては過ごしにくいかもしれませんけれど。

 大正13年に建てられたそうで、約90年経過しているという。

Dsc_1269s

Dsc_1271s

Dsc_1272s

Dsc_1274s

Dsc_1273s

 どーよ。ちょっと載せすぎか。
 ポスターやらそういうのも写ると、興が冷める感じだけれど。

 耐震性の問題から、平成25年3月31日で閉庁するそうな。
 建物自体は、一部保存されるらしいです。

 あ、誰にもとがめられたりはしなかったものの、勝手に撮って良かったのだろうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

第8回DAYS大賞などを見てきました

 先週火曜朝からの夏風邪が治らないぞと。今日寝て起きたら1週間になるぞと。

 さて。
 津での開催は3回目なのだそうだけれど、DAYS大賞の受賞作などが展示されているフォトジャーナリズム展三重(DAYSJAPANフォトジャーナリズム写真展in三重)に行ってきました。

Dsc_1094s

 今回は、東日本大震災に関する写真が目立っていて、世界で起きている紛争、災害、飢饉などの出来事に関しては控えめな感じがしました。
 つい震災の方に目が行ってしまうのかもしれません。

 震災に限らず、世界中でさまざまことが起きており、目を背けずにひとつひとつクリアしていくことでしか、この世界を変えていくことはできないのかもしれないけれど、私にしても、夏風邪で喉が痛くて体もだるいということがまず頭に浮かぶわけで、ほんともうしわけない。

 今でいうと、ロンドンオリンピックが表とすれば、裏ではシリアの騒乱が続いており、中国とロシアが安保理決議で再三拒否権を発動することでも判るように、騒乱を収めたくない(もしくは中ロの都合の良いように終わらせたい)ようです。
 もちろん、欧米にしても、都合の良いようにしたいわけではありますが。

 思うのだけど、常任理事国が5ヶ国というのは別に構わないとして、拒否権を使うと常任から外れるという仕組みくらい作れないのだろうか。非常任が繰り上がる。また空きができたら戻ることは可能。
 自分勝手な常任理事国が世界を悪くしているようなものだし。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

写真展2つ

Dscf5162s

 Rica(横山里香)さんの写真展「In between -夢見る時間-」
を見に久画廊に行きましたよ。
 舞台を熊野から他の地域へも広げての展示のようです。
 フィルムカメラだけでなく、デジカメを使用してのカラー作品も
ありました。

 続いては、センパレ地下へ。
 「地球の上に生きる2011 DAYSJAPANフォトジャーナリズム写真展
in三重」です。
 三重でも行われるようになったのは去年からだったかな。
 写真により現実を突きつけてくる。


 さて、ここからは上記写真展のことと関係なく書くことですので
あしからず。

 切り取られた四角形で物事を表現するのは凄いことだと思う。
 ただ、それがホントのことなのかどうかはよく判らない。

 有名なのが札幌市時計台かと思うのだけど、ガイドブック等で見
上げたように撮られた時計台と、実物を見たときのがっかり感は、
いかんともしがたい。

 フォトジャーナリズムは、写真により世界で起きていることを表
現しているようですが、真実を訴えているかどうかはやっぱり判ら
ないような気もする。

 四角形での出来事は、その外側でも起こっている現象の一部を切
り取ったこと、と人は思うだろうし。


Rica Photographe
http://ricaphoto.mie1.net/

DAYS JAPAN 広河隆一責任編集 世界を視るフォトジャーナリズム月刊誌
http://www.daysjapan.net/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

若冲と金刀比羅宮

若冲と金刀比羅宮

若冲と金刀比羅宮

 金刀比羅宮では、百花若冲繚乱として奥書院の花丸図が公開され
ています。
 上段の間のそれを観ていると鼻息が荒くなるな。
 単純に階段の上り疲れかもしれないが。
 応挙の虎もいい。

 本宮へと上りながら、手水舎の水を飲みたくなる衝動を抑えてい
ましたよ。
 なんかもー、ふくらはぎとももが大変だ。
 日々の運動は大切です。痛感しました。

 本宮は参り、奥宮は勘弁してもらった。
 わんこ付き幸福の黄色いお守りは買う。以前はミニこんぴら狗は
なかった。

 そういえば、786段の階段があり、1段だけ下りるところがある
ので785段だと書いてあったような気がするが、その1段下がった
のがどこだったのかまるで記憶にない。

| | コメント (0) | トラックバック (1)