妬みや嫉み

 妬みや嫉み、いわゆる嫉妬ですが、なくならないものですかね。

自殺の国: もりたまんもす
http://moritama.cocolog-nifty.com/moritama/2018/05/post-b1d9.html

 熊本でのいじめ殺人ですが、

「インスタでトラブル」 高3女子いじめ自殺か 両親と知人証言 - FNN.jpプライムオンライン
https://www.fnn.jp/posts/00393058CX

---
また、女子高生の知人によると、女子高生はインスタグラムのフォロワー数が多く、人気があったことが、いじめを受けたきっかけだったと証言している。
---

ということで、人間の負の感情は凄いものがありますね。

 学校のみならず、社会(会社)でも、悪口や陰口やと非道いものがありますが、どうにかならないものかしら。
 加害者が有利というのは、日本の病理みたいなものなのかなあ。

 他者を引きずり下ろすというのが気持ち良いのかもしれないけれど。

 メディアなんかでも、最初は持ち上げてちやほやして、人気が出てくると一転バッシングしたり、ありますよね。


 セクハラなどの #MeToo 運動があって、少しは事件が明るみに出ることも増えたかと思うのですが、どうにも基本は隠蔽だったり見て見ぬ振りだと思われるので、先は長いのかな。

 いじめにしても、命が失われる前に解決できれば良いのですが、自殺という悲しい結末を迎えてから公になったり、公になってからでも、いじめはなかったなどと逃げたり。


 これなんかは、金儲けの犠牲になったとも言えるものですが、

自殺した農業アイドルの大本萌景さん(16)母は「娘の死を無かったことにしないで」 | 文春オンライン
http://bunshun.jp/articles/-/7469

加害者はやはりのうのうとしている。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

自殺の国

高3女子いじめで自殺か=家族側、学校に調査求める-熊本:時事ドットコム
https://www.jiji.com/jc/article?k=2018052600468

 いじめによる自殺は後を絶たず、実際のところ、いじめ殺人と言ってもおかしくないものです。

 学校としては、生徒の陥っている状況なんていちいち構っていられないのでしょうし、そうやって知らない振りをして命が失われていく。
 今では聖職でもなんでもなく、その責任を負えとは言わないけれど。
 結構、性職になっている人もいるが。

 いじめられる人は心が優しいのかな。
 それにしても、自分の命に対しては非情になれるというか、もったいない。


 そんなとき、

ホテルに閉じこもった男性転落…死亡 愛知|日テレNEWS24
http://www.news24.jp/articles/2018/05/27/07394304.html

という記事も見て、こちらは中年男性です。

 現場は、千種のホテル ホテルゼロドシー(ハグハグホテルグループ)だそうで、ラブホテル?
 こちらはまた違う原因での自殺なのかしら。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

学校がしんどいです

 少なくともこういうのは起こらないようにしたい。

「学校しんどい、無理」中2女子がメモ残し自殺 : 社会 : 読売新聞(YOMIURI ONLINE)
http://www.yomiuri.co.jp/national/20180518-OYT1T50136.html

---
昨年11月、学校が定期的に全校生徒を対象に行っているアンケートで、「同級生から嫌なことを命令されたり、暴力を振るわれたりすることがありますか」と尋ねる項目に、この生徒は「時々ある」と回答。担任が面談すると、「大丈夫」との趣旨の発言をしたといい、学校はいじめがあったと判断しなかったという。
---

 社会に出てもいじめはなくならないし、何かと生きづらいものではありますが。

 こういうことを書くと、学校でいじめられているのに、社会に出てもやっぱりいじめられるのかと、悲観してしまう人が出るだろうか。

 周りも一緒になっていじめる側になったり、そうでなくても見て見ぬ振りをするというか。
 これら加害者の方が圧倒的に多いため、いじめられる人の居場所がなくなっていく。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

心の隙間

 心の隙間というかなんというか。

 ぼーっと歩いていたのか、何か考えながら歩いていたのか、声をかけられました。

 自転車に乗ってあちこち巡っている男性二人組。あえてなにかは書かないけれど。
 しょっちゅうではないのですが、何年かに一度は声をかけられるのでした。

 ときたま道を尋ねられたりはするけれど、声をかけられやすいタイプということもないような。なので何年かに一度なのか。
 こういうときは、助けを求めるようなオーラでも出ているのかな。それか隙があるとか。

 たまたま周りに人がいなかったので白羽の矢が立てられたのだろうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

いじめっ子の親は刑務所行き

 親の責任というのはあるのだろうなあ。

いじめっ子の親は刑務所行きになる条例、ニューヨーク州で施行される
http://www.huffingtonpost.jp/2017/10/29/bullying_a_23259554/

 日本でもいじめは繰り返されていますけれど、なくなる日は来るのだろうか。


 親に復讐するつもりでわざといじめをする子供もいるのかな。


 親に責任があるという人だったり、反対に親と子は別の人間なので親に責任を負わせるのはおかしいという人と、いろいろありますよね。
 私はどちらでもいいので、いじめだったり犯罪だったりなくしてほしい。

 最初に、親の責任というのはあるのだろうなあと書いたけれど、躾けるのも親の仕事のうちということはあるかな。
 家庭内でのいざこざがいじめに繋がっているとなれば、ますます親の責任となりそう。

 と書くと、親の負担がどうこうという。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

津市いつくしみの杜

 津市の津斎場が今年から新しくなって、以前の場所から少し上ったところにできています。
 いつくしみの杜というらしいです。

 1月2日から供用されていて、行ったのは初めて。まあ、そう何度も行くところではないとは思う。
 以前の場所は更地になっていたけれど、新斎場への道路に狭いところがあるので、少し使って広げたらいいのにね。

 新しいだけあって、待合室もロビーもあれもこれも綺麗でしたよ。

 火葬炉が12基もあって、これは捗るのかな。以前は3基だったかな? 他の斎場を使わなくして集めるようにしているようなので、増えたということでもないのかな。

 今では棺を置いて自由に動かせる台(モーター駆動かな)があって、棺の上下前後の移動も簡単で、炉への出し入れも楽そう。
 炉への出し入れも、以前はガラガラガッチャーンというか金属音が結構したものですが、あまり気にならなかったような。気のせいかな。

 最後のお別れに、線香を一本供えてくるというのがあったかと思うのですが、焼香だけでした。んー?

 なんだか、かな、が多くて曖昧なのでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

末日聖徒イエス・キリスト教会の方々

 会社帰り、私がしょんぼり歩いていたのか、心ここにあらずだったのか、末日聖徒イエス・キリスト教会(モルモン教)のお兄さん方に声をかけられました。
 ずいぶんと久しぶりのことだなあ。

 自転車に乗った二人組のお兄さんというのは、私が子どもの頃から変わらぬスタイルかと思うのですが、つい話を聞いてしまいましたよ。

 しかしながら、仏教と神道がいい加減に混ざり合ったような私には、どうも相容れないというか、そもそも自分が宗教というものをあまり考えていないということは確認できました。

 私は仏教と答えながら、どこにでも神は宿っている(八百万の神)と話したりしてしまいましたし。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

どこまでありのままは許されるの

ありのーままのー
ありのーままでー

 アナ雪は見ていませんので、内容とは切り離してくださいね。

 以前流行ったオンリーワンということで良いのですかね。
 自分探しやら、何かを目指して苦悩するというのでなく、今現在で完全である、という考え方もよく目にします。


 んー、スメハラといいましょうか、きつい香水で気分が悪くなっていたときに思っていたのですけれど。

 街なかですれ違う程度ならともかく、閉め切った屋内では逃げ場がないですよね。消臭剤か消臭スプレーでも買ってこようかと思った。もしくは空気清浄機か。

 香水でなかったら、体臭で同じことになるのかもしれないし、体調によって、同じ臭いを嗅いでいても、気になったりそうでなかったりもあるでしょうし。

 いつだったかドラッグストアで、以前つけていた制汗スプレーのテスターをつけてみたら、匂いがきつい感じがしました。
 匂いに敏感になるのは、進化なのか退化なのか。
 単に許容度が下がっただけなのかもしれないし。

 私はコーヒーは好きですが、苦手という人からしたら、その匂いも避けたいかもしれない。


 ということを踏まえまして、ありのーままのーは、どこら辺まで許されるものなのかなあと。

 好き嫌いもそうですし、体臭のままで香水不要なのか、薄毛は育毛剤やかつら云々でなく、はげ散らかしていたら良いのか、化粧せずすっぴんで良いのか。

 他人に不快感を与えないようにというのも、結局は同調圧力ぽいし。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

財布を盗られる夢って見るよね

 なんか久しぶりだったようにも思うのですが、財布を盗られる夢を見ました。
 人混みで、尻ポケットに入れていた財布がすっと抜かれて、あれ財布がないという感じ。

 他には、財布の入った鞄を置いたままその場を離れてしまい、あっと思って戻ると、財布はあるけれど中身は空だとか。

 うむ、お金を失うことを恐怖に感じているから見るのかねえ。


 以前は結構、禿げる夢を見たな。
 抜け毛なりハゲなりが恐怖だったのでしょう。
 いつからか見なくなったのは、恐怖でなく、現実が追いついてきたからだろうか。諦念というか。

 禿げるといっても、ソフトバンクに乗り換えるという意味ではないです。

 そういやいつからか、ドコモダケが、iPhoneを扱っていないのはドコモだけ、という意味に使われるようになりましたが、それは解消したわけか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

念仏はありがたいもののような

 初盆です。
 夜はお寺でお坊さんにお経を上げてもらっていたのですが、なんというかなあ。
 葬儀の時も思ったのだけど、ちゃんと唱えていないような感じがします。
 ごーにょごにょごにょ。
 上手下手はありがたみに関係しないのだろうか。

 故人があの世から戻ってきてまた帰っていく、というのを安心して行えないのじゃなかろうか。

 夏風邪のままなのか咳喘息になったのか知らないけれど、お経を唱えていると、喉か気管かがこそばゆくて、咳が出て困った。
 正座で脚が痺れたのは構わないとして、本堂にエアコンがあるわけでもなく開け放しなので、蚊に首を2ヶ所刺された。2ヶ所で済んだという方が良いのかもしれないけれど。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧