« 最「香」傑作とな | トップページ | 踏切事故防止 »

打撲というの

 昨日、壁に垂直に付いている梯子で川に下りようとしたのです。
 片手に荷物を持っていて、いきなり足を滑らせて、落ちそうになったのを片手片足で耐えたのですが、階段上の出っ張り(おそらく)に腹部をがっつりぶつけたのでした。
 痛い。

 10センチ×5センチくらいの内出血みたいな感じ。
 中心に近いところは出血で赤くなり、周りがピンクになっていて、外側は黒痣っぽい。

 人に見せたい感じもするのですが、中年太り?の腹部が思いのほか目立つ感じで、傷よりもそっちに目が行きそうな。

 うーん。腹筋が割れているような締まった腹部にぶつけた場合は、内臓にも影響があったのだろうか。
 ぶよぶよ(は言い過ぎか)なために却ってひどい症状になったのかな。
 どっちも関係ないか。

|

« 最「香」傑作とな | トップページ | 踏切事故防止 »

健康」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 打撲というの:

« 最「香」傑作とな | トップページ | 踏切事故防止 »