« リアル本屋の意義はどの辺にあるのかな | トップページ | 眠いと酔っ払いになる »

新生銀行の入出金手数料0円

 新生銀行からのメールによると、使えるコンビニATMが増えて、24時間365日手数料無料とのこと。おおう。
 28日からだろうか。

 そういえば、新生銀行は全然利用しなくなっていて、普通預金の残高はずっと5,963円のままです。
 利息すらつかない。
 ごくろうさん、となっています。

 振込手数料が無料というのが売りだったのが、回数が制限されてきて、使いにくくなったのだったかなあ。
 古いことなのであまり覚えていないや。

 ログインして入出金明細を調べてみると、2009年6月24日に何かのキャンペーンで1,000円増えて5,963円になり、それ以来ずっと変わらず。

20131028shinsei

 以前は、セブン-イレブンは近くになかったし、新生銀行の店舗やATMはなおのことなかったので、入出金は郵便局のATMでしていました。
 しかしまあ、使っていないだけあって、キャッシュカードは財布から出して家に置いてありました。

 今ではセブン-イレブンも増えてきたし、ローソンやEnetATM(ファミリーマートやミニストップかな)でも手数料無料となれば、使いやすくなるのかな。
 ん? 三重県内のローソン店舗に設置のATMではご利用いただけません。と書いてあるね。

 ローソンで調べると、

ローソンATMは、LANsを通じ、ローソン店舗に設置された銀行共同利用型ATMです。
2001年10月よりサービスを開始し、現在46都道府県で展開しております。
エリア・設置台数は以下の通りです。

20131028lawsonatm

のようで、三重県だけ無いです。どゆこと。

 こっちの方が少し情報が新しいか。

20131028lawsonatm2

 ハブになってる。

|

« リアル本屋の意義はどの辺にあるのかな | トップページ | 眠いと酔っ払いになる »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/12628/58473248

この記事へのトラックバック一覧です: 新生銀行の入出金手数料0円:

« リアル本屋の意義はどの辺にあるのかな | トップページ | 眠いと酔っ払いになる »