« 豆乳の時代 | トップページ | ドンクでは »

同じ本を何度も読む

 若い頃は、何でもかんでも乱読で、数をこなすことが良いことのように思っていたのですが、そういう元気もなくなってきました。
 小説なんかだと登場人物が覚えられない。

 一度読んだだけでは頭に何も残らないというか、読んでいるときはそうそうふむふむと思っているのだけれど、読み終わった瞬間にはもう忘れているといいましょうか。

 同じ本を何度か繰り返して読んでいると、そういや前もこんなことが書いてあったなあと。
 でも読んだあとは、また頭の中はリセットされているような感じもする。
 ぼけているのだろうか。

 一応書いておくと、すでに持っている本を気づかず何度も買ってしまうという意味ではないですので。

|

« 豆乳の時代 | トップページ | ドンクでは »

「書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 同じ本を何度も読む:

« 豆乳の時代 | トップページ | ドンクでは »