« お弁当屋さんといえば | トップページ | 鈴子の恋に出ているようだ »

クラクションの鳴らしすぎ

 お昼休み、外にいたら車のクラクションが聞こえてきました。ビービビビ。

 クラクションを鳴らすには、なにがしかの理由があるかとは思いますが、それにしても鳴らしすぎのような。

 少しでも人がいたらビービビビ。昼休みなので人もいるわさ。ビービビビ。交差点に進入するのにビービビビ。曲がったらビービビビ。

 なんか知らないけれど、鳴らしまくりの、かつ徐行みたいに遅い運転で、迷惑なんだなあ。

 そこのけそこのけ車が通るなのか、その人の運転技術が怪しいので周りに警告しているというくらいしか理由が思い浮かばないのだけれど。
 注目を浴びたいのでわざわざ鳴らしている、ということもないだろうし。

 どうも残念な人みたいな感じで、運転免許証を返納した方が、当人を含めて、皆のためなのじゃないかな。
 もちろん、あらためたわけでもないので、そもそも無免許なのかもしれませんけどね。

|

« お弁当屋さんといえば | トップページ | 鈴子の恋に出ているようだ »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/12628/54001439

この記事へのトラックバック一覧です: クラクションの鳴らしすぎ:

« お弁当屋さんといえば | トップページ | 鈴子の恋に出ているようだ »