« ケータイ冷たい | トップページ | ディアナチュラのふた »

踏切の待ち

 朝、踏切で引っかかるというのは書きましたか。

 多いパターンが、近鉄が上り下りの2本通過していって、次にJR
が1本、そのあと、また近鉄上下2本の計5本。

 JRは、本数が少ないのに(少ないから?)列車が来る前も通り過
ぎた後も遮断機の警報が長く鳴っているので、近鉄とのコンボにな
ってしまう。

 頭の中で数えていたら、近鉄車両が通過した後、JR車両が踏切に
差し掛かるまで45秒だったので、その間、15秒くらいは遮断機を上
げてもらえないものかなあ。
 寒かったので実際より長く感じたのかもしれないけれど。

 早めに警報を鳴らした方が事故防止にはなるのかね。待斬内蔵が
遮断桿をくぐって渡ろうとしたりするかも。

 踏切を作ってもらって、そこで線路の上を通らせてもらっている
分際の私が言えることではないのかもしれん。
 もう少し早く家を出ることだな。

|

« ケータイ冷たい | トップページ | ディアナチュラのふた »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/12628/50698094

この記事へのトラックバック一覧です: 踏切の待ち:

« ケータイ冷たい | トップページ | ディアナチュラのふた »