« たかじんの委員会終了なん | トップページ | 『国家の気概』読んだけど »

テレビでの日韓や戦争について

 14日放送だったNHK総合『日本の、これから「ともに語ろう日韓
の未来」』は、録ったのを早送りしたりしながら見たけれど、思っ
ていたよりマシだったように思う。

 韓国での就職は大変らしいということが判りましたよ。
 顔も大事なのだそうで、整形になんら抵抗がないらしく、そうい
うのを目の当たりにすると、アイドルやらまるで信じられないです
けれど。
 少女時代やKARAはどうなん、ということになる。

 実際のところ、歴史問題の議論だけで良かったような気もする。
 これが解決しないと始まらないような気がするし。

 お互いが自国に都合の良いようにねじ曲げた歴史を教えているの
では、そりゃまとまらない。
 双方不満は残るだろうけれど、国対国で結論づけしないと、キリ
がないです。


 15日のお昼に全国戦没者追悼式の中継やニュースを見ていたら、
菅首相がとんちんかんな式辞を述べていて、これまずいんじゃない
のと思っていたのだけれど、全文を目にしたら、まあ毎年こんなも
のだよなあと思った。


 15日夜の『日曜ビッグバラエティ「池上彰の戦争を考えるSP・
戦争はなぜ始まりどう終わるのか」』も時に早送りして見たのです
が、日本が戦争へ至った理由や、それからの行い、敗戦の理由など
を、映像を交えて淡々と伝えていたように思う。
 今まで刷り込まれてきた自虐史観に一石は投じられたのではない
かな。

 ゲスト陣の反応が今ひとつだった(コメントしづらい内容なのか
もしれない)のと、旧満州での大橋未歩アナやボスニア・ヘルツェ
ゴビナでの長谷川京子は余分だったような気もする。
 代わりができるのかと問われると困りますが。


 中国は中華思想という狂った考えで、チベットやウイグルを侵略
し、南シナ海のパラセル諸島(やスプラトリー諸島)を実効支配し
ていますが、日本も中華思想を持っていたら怖いことになるところ
でしたね。結構領土を広げていたし。


終戦記念日:全国戦没者追悼式 菅直人首相式辞(全文) - 毎日jp(毎日新聞)
http://mainichi.jp/select/wadai/news/20100815k0000e040043000c.html

憂国の士なのですか: もりたまんもす
http://moritama.cocolog-nifty.com/moritama/2010/08/post-00b5.html

|

« たかじんの委員会終了なん | トップページ | 『国家の気概』読んだけど »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: テレビでの日韓や戦争について:

« たかじんの委員会終了なん | トップページ | 『国家の気概』読んだけど »