« デジマガ100号 | トップページ | 地震かな »

USBメモリのタイムスタンプのずれ2

 USB メモリにファイルをコピーすると、タイムスタンプの秒数が
偶数に丸められるというお話。

 noki さんから、ファイルシステムによる違いとのコメントをい
ただいて、そういえば、ハードディスクは NTFS だし、USB メモリ
は FAT や FAT32 だなと。

 遅ればせながら検索してみたら、マイクロソフトのサポートオン
ラインにも書いてありました。

FAT に NTFS からコピーすると、時間スタンプ変更

というタイトルで。
 ただ、機械翻訳されている文章らしく、なんだかアイタタな感じ
です。
 2006 年には書かれていた内容で、私は3年近く気づかずに過ご
してきたのですね。うわー。
 実例まで上げて秒数がずれると書いていた自分が恥ずかしい。

 しかし、NTFS では 100 ナノ秒で丸めるって、あんまり細かいじ
ゃないの。
 サポートの例では、0秒 001 のように、千分の1秒に丸まって
いるみたいなのですが、これってミリ秒じゃないのかな。
 100 ナノ秒で丸めるのでなく、100 マイクロ秒で丸めているよう
に思うのですが。


 壁掛けや腕時計で言うと、NTFS 秒針は常に回りながら(1秒未
満も)刻むのに対して、FAT 秒針だと2秒ごとカクッカクッと動く
感じか。
 違うか。


FAT に NTFS からコピーすると、時間スタンプ変更
http://support.microsoft.com/kb/127830/ja


もりたまんもす
USBメモリのタイムスタンプのずれ
http://moritama.cocolog-nifty.com/moritama/2009/08/usb-224d.html

|

« デジマガ100号 | トップページ | 地震かな »

「パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/12628/46094700

この記事へのトラックバック一覧です: USBメモリのタイムスタンプのずれ2:

« デジマガ100号 | トップページ | 地震かな »