« ホワイトチーズロールケーキ | トップページ | ブログ通信簿を試してみた »

ぐるりのこと。

ぐるりのこと。

 ぐるりのこと。を観てきました。

 解りにくいところやあんまり見たくない描写もあったけれど、良
かったのではないでしょうか。
 あれこれ内容を書くのは野暮ですかな。

 主人公が法廷画家なので、スケッチの対象となる被告人は、罪を
犯して裁かれる人という、目に見える悪人なわけです。
 一方、主人公夫婦を含めて、その周りにいる人も、罪に問われな
いにしても、何かしら悪いこと(他人に迷惑をかけているなど)を
している。
 その線引きっていうのは、どこなんでしょうね。
 悪いことといっても、感じるところは人それぞれで、本人は悪い
ことをしていると思っていない場合もあるだろうし。

 最後の判決の場面でのやりとりは、必要だったのかどうか、ちょ
っと考えてしまう。

 監督とおすぎさんのトークはどんなのだったのかな。


 ぐるり(周り)で起きていることに影響を受けて生きていると言
うべきなのか、反対に、周りのことは関係なく、生きていくことな
んだよと言っているのかな。

 日々、一生懸命で、ともすれば潰れちゃいそうな女性がターゲッ
トなのかも。

|

« ホワイトチーズロールケーキ | トップページ | ブログ通信簿を試してみた »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ぐるりのこと。:

« ホワイトチーズロールケーキ | トップページ | ブログ通信簿を試してみた »