« ナナシノゲエムその4 | トップページ | 倒産すんの? »

グリーン電力証書

 グリーン電力証書のことをちょっと書いてみようかな。
 私もあまり詳しくはないのだけれど。間違っていたらごめん。

 太陽光発電や風力発電など、グリーン(クリーン)とされている
エネルギーは、従来の火力発電などに比べると高くつくわけです。
 また個人や会社がそれを導入しようとしても、設備投資だけでア
ップアップになりかねない。
 屋上に太陽光発電を備えつけるくらいかな。

 しかしながら、グリーン電力証書を購入することで、容易にグリ
ーン電力を使用することができる。というか見なされる。
 この辺は、言葉遊びというか、屁理屈みたいな感じもするのです
けどね。

 従来の電力が、5円としましょう。
 グリーン電力が、15 円かかるとします。

 グリーン電力を、5円+ 10 円と分けて、10 円がグリーン電力
証書代。

 私の家辺りは、主に火力発電の電気が通ってきていると思うのだ
けど、その普段の電気を使いながら、グリーン電力証書を購入する
ことで、擬似的にグリーン電力を使っていることになるわけです。
 金額的に、グリーン電力を使っていることになっているでしょ。

 グリーン電力が、従来の電力よりコスト減になれば、誰もなんら
考えることなく、グリーン電力を利用することになるのでしょうけ
どね。

 そのグリーン電力証書ですが、風力発電 1kWh で 12 円前後だっ
たり、太陽光発電で 14.5 円だったりと、発電の種類や、発電会社
によって異なるわけですが、あるところは、小口の 50kWh での購
入もできるそうな。
 3千円くらいって書いてあったか。高いな。
 あと、証書の発行に3千円の手数料がかかるってのはどういう。
 PDF で送ってくりゃいいやん。

 グリーン電力を使用しています(=地球に優しいです)という、
対外的なポーズのためには、それらを表示するのも大切なことかも
しれないけれど。
 エコ意識の高い客は、それらのお店を選ぶかもしれないし、それ
は良いことなのだろうけれど、金儲けの手段に繋がっていきかねな
いというのは、エゴっぽい。

 本物の証書を見たことがないので何とも言えませんが、購入した
発電日時も表示されているのだろうか。
 というのも、グリーン電力をどんどん発電しても、証書の売れ行
きが今ひとつなら、電力自体はすでに使用済みでも、証書の発行権
は溜まってくるわけですよね。
 1ヶ月前の電力に対しての証書が売れ残っているとして、現時点
で購入して、どの発電時の証書が来るか気になる。
 反対に、証書が売れて売れて仕方がない場合は、未来に発電する
だろう分を発行できるのか、売り切れになるのかも知りたい。

 個人的に言うなら、証書を買うより、株主になったり、会員にな
れたりする方がいいかも。


グリーン電力 ポータルサイト|グリーン・エネルギー GREEN ENERGY
http://www.green-energynet.jp/

もりたまんもす
1億人のグリーンパワー・ナイト?
http://moritama.cocolog-nifty.com/moritama/2008/07/post_c220.html

|

« ナナシノゲエムその4 | トップページ | 倒産すんの? »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/12628/41782417

この記事へのトラックバック一覧です: グリーン電力証書:

» グリーン電力証書2 [もりたまんもす]
 ほんとうにエコなのかどうか今ひとつなグリーン電力のこと。  7月に書いた時点で [続きを読む]

受信: 2008/10/28 23:05

« ナナシノゲエムその4 | トップページ | 倒産すんの? »