« 2007年9月9日 - 2007年9月15日 | トップページ | 2007年9月23日 - 2007年9月29日 »

自分勝手

 毎日ニュースがありすぎて、どれについて書いたものやら。
 金曜は阪神負けたしな。

 世俗的でなんですが、畠山鈴香容疑者の2児殺害のこともそうだ
けど、山口県光市の母子殺害事件がやっと死刑で終わりそうなこと
や、神戸市須磨区の滝川高校でのいじめによる自殺とかですか。

 なんかこう、自分のレベルが低くなっていくような話題ばかりで
すけど。
 負のエネルギーみたいな。

 どちらかというと、ペルーに隕石が落下したとか、小麦粉の値上
げとかの方が、記事としては好みですね。

 それにしても、なんで穀物から燃料を作るかねえ。環境云々の聞
こえの良い理由はありますが、穀物が余っていてしょうがないので
燃料に転化するのならまだしも、高騰していてはダメですよね。
 化石燃料の枯渇も気になりますが、気がついたら食べる物なくて
石油だけ湧き出ている笑えない状態になってるかも。

 宇宙を含めて、みんな勝手なことをしている感じです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

飛行機とか

 16 日、タイのプーケット島の空港で、飛行機が着陸に失敗して
乗客乗員 130 名のうち、89 人の死者が出たそうな。
 オーバーランだそうで、悪天候で視界も悪かったらしい。
 着陸時の事故が一番多いと聞いたことがあるのですが、滑走路の
先に巨大なネットやエアバッグを設置しておいて、オーバーランし
そうになったら、開いてクッションになるとかダメかしら。
 着艦ロープみたいなのがあるとか。戦闘機ならともかく、飛行機
は重すぎますか。
 滑走路がランニングマシンのベルトみたく後方に向かって回るっ
てのも……ダメですよね。
 リニアモーターカーや新幹線みたいに猫耳をつけるとか、アンカ
ーを飛ばすとかは。
 んー、サンダーバード2号のコンテナみたく、胴体部分だけ外れ
るとか。下にじゃなくて、後ろに向かって逆噴射みたいな。
 あんまり思いつきません。

 戦闘機といえば、福田さんは、自衛隊の海外派遣を随時可能とす
る恒久法を制定するそうです。どうする?
 今までみたいに、非戦闘地域での人道支援だけなのだろうか。
 今度は、イランで戦争があるかもしれないし、忙しいことです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

アロンソどうなん

 イギリスでは、アロンソが悪者になっているらしい。解雇しろと
か? ほんまかいな。
 日曜のベルギーGPのスタートで、アロンソがハミルトンをコー
スアウトさせたことや、ハンガリーGP予選でのピット妨害とか。
 あと、スパイ疑惑による罰金1億ドルとコンストラクターズポイ
ント剥奪も後押しをしているそうで。
 マクラーレンとハミルトンの母国はイギリスとのことで、ある意
味、仕方がない感情なのでしょうか。
 イギリス人アホかと言いたいけど。

 スーパーアグリで、アンデビ(って略すの?)が琢磨の邪魔をし
たとしても騒がないよね。比較にならない比較かもしれません。

 次は、富士スピードウェイですね。富士山の麓でレースってのは
良い感じ。ドライバーには関係ないだろうけど。
 以降、富士と鈴鹿での交互開催になるそうで、2009 年は鈴鹿と
な。
 アロンソとハミルトンが2ポイント差なので、逆転はともかく、
ポイントが並ぶかもしれませんね。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

インシテミタ

 インシテミルを読んでいるうちに、ヤフオクで入札しようとして
いた出品物の終了時間が過ぎていた。がくり。

 熱中するほど面白かったかというと、いやあ、私、年を取って頭
が悪くなってきたのか、ただ登場人物たちの動きを読み進めていた
だけというか、でも熱中して頭痛がしているくらいだし、面白かっ
たのだろうな。

 まあ、読み終わるとすぐに内容を忘れちゃうのですけど。登場人
物の名前とかもう曖昧。
 そう考えると、1,680 円と費やした時間がもったいない気がしな
いでもないですが、本に限らず、映画でも観てすぐに忘れている。
 年取ると悲しい。自分の脳力に泣ける。
 昔は、読んだり観たりした後、少なくともその日の夜は、ベッド
で内容を反芻したものだけどなあ。

 以下、一応、ネタバレする可能性がないとも言えません。
10




5 そういや、かぐやの打ち上げ成功嬉しかったなあ。




 不満箇所といえば。
・館モノの舞台を用意する者の存在(お金儲けらしい)
・それに付随してのお嬢さんの存在
・できすぎたお掃除ロボ
・ワープロのトリック(薄暗さで誤魔化せたのだろうか)
・キッチンにどこから入って補充していたのか
・抜け道が当初見つけられなかったのは主催者側の作戦なのか
・微妙にミステリ好きが集まっている
・結局のところ、探偵=犯人はありなのか(ルールによると、探偵
 してから犯人はダメだが、逆はOKらしい)
・あの人に大金が必要だった理由(特になく、インシテミルの結末
 近くの推理劇を書くために必要だったのかもしれません)
 バイト応募時はルールも知らず、とうていその金額に達しないと
 判っていたはずなのに、終盤ではどうしてもその金額を得ないと
 いけなくなっていた(欲が出ただけ?)

 主人公の目を通した三人称呼称で書かれているのだけど、ときど
き「彼」と書かれていて、主人公=彼で正しいのか、少し判りにく
かった。

 停電することによって起こるイベントは、おお、そうだよね、と
感心しました。
 あと、あんたが犯人か! てのも。
 霊安室のあれは、がーんというか、非常に痛いんでしょうねえ。

 フィクションに文句を付けても仕方のないことだし、少なくとも
私にはこれだけのものを書く能力はありません。ハイ。
 というわけで、ダメ評論家の1人になってみました。
 少しは刺激になった? 扇動できたでしょうか。


 ミステリ小説の読者は、殺人が起きるのを当たり前として読むよ
ね。私も疑問を抱かなかったし。思えば変なことです。
 いや、恋愛小説なら恋愛が出てくるのは当たり前だろうし、そう
いうものか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年9月9日 - 2007年9月15日 | トップページ | 2007年9月23日 - 2007年9月29日 »