« 津 | トップページ | スイーツ »

金鳥時計

 クラブ・ダイドーの景品のひとつ、金鳥の掛け時計ですが、邪道
ながら、オークションでゲットしました。
 人の手に渡った中古ですが 1,100 円で。送料 580 円を加えて、
しめて 1,680 円っていうのが高いのかどうか少し考えるところで
もある。
 説明書は入っていなかったが、オークションの時点で明記してあ
ったし。紛失したのか、たまたま素晴らしい説明書で手元に残して
おきたかったのか、理由は知りませんけど。
 この時計ですが、短針が蚊取り線香なのよ。火が点いているのを
表しているだろう黄色い部分がそうなのでしょう。

 で、アナログの時計を見る場合、普通は中心から伸びている長針
や短針を線として認識して、何時何分を指している、と思うのでは
ないだろうか。私が近眼だからそうなのだろうか。
 針の先端や真ん中などがふくらんでいる形状のものもあり、その
場合は、そのふくらみに目が行くことで針の場所が判りやすくなる
わけですが、すると黄色い目印も理に適っているのだろうか。
 なんだか見にくい。

|

« 津 | トップページ | スイーツ »

「よろず」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 金鳥時計:

« 津 | トップページ | スイーツ »