« 2004年2月8日 - 2004年2月14日 | トップページ | 2004年2月22日 - 2004年2月28日 »

内部犯行

 昨夜は、足の腫れのことばかりに気が行っていて、母の言葉
「スクラッチくじの当たり、換金した?」と言われたことに対し、
「ん? 換えてないよ」とだけ答えたの。
 私は、1ヶ所にまとめて、当たり券を何ヶ月も置きっぱなしに
しているわけです。少額のをいちいち換金するのも手間だしと、
ある程度貯まるまでほったらかしというか。
 当たり券といっても、せいぜい千円や 100 円ので、合計しても
5千円程度のものだったと思うけど。
 今朝、ふと見たら、無いのよ。当たり券がすっかり。
 ははーん。こりゃ父がくすねたのね。と、朝になってから、昨夜
の言葉の意味を思い出したわけです。
 どーなのかしらね。子が親の金を盗むっていうのはありそうな
ことですが、逆やん。
 誰に盗まれたか判らないよりかはましですが、あんまり信用や
信頼を損ねるようなことはしないで欲しいなあ。
 以前、お金などは人の目に付く所に出しておいてはいけない、
と言われたことがあるの。盗む気がなくても、目に付くことで、
つい出来心で盗ってしまうことがあるということで。
 まさにそういうことかな。
 疑いの心を持ってしまうと、タンス貯金や財布なども気になって
くるわけです。ときどき抜かれているのではないかなどと。余分な
ことは考えたくないのだけど。
 世間を騒がせている、親から子への虐待による、家に帰っても
安心できない、誰を信じたらいいのか、という子供の心の不安から
すれば、私の不安など全然大したことではないのだけど、あんまり
気分のいいものではないね。
 盗んだだろうと質したあげくに、刺されたりした日にゃ目も当て
られないし。
 いやま、足の甲の腫れ(だんだん甲全体が腫れてきたぞ)の痛み
に比べれば、ちょっと盗られるくらいは全然問題じゃないけど。
 腫れと関係があるのかどうかは不明だが、昨日今日と電話の応対
時に声が掠れるような。口内や喉辺りが乾いているようです。
 会社では、サンダル借りてそれを履いていたのだけど、だんだん
左足は大きくなってくるし、入らなくなってくるの。指先で引っ
かけて歩くとかね。
 なので、帰りの革靴を履く時は、どーしようかと、紐を全部
緩めてしまって、押し込めました。

 おみなえし。女郎花ですか。
 突然、頭の中にこの言葉が出てきて、なんだったかねと。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

腫れのち腫れ

 夜寝ただけで腫れがひくでもなく、朝も、ばびーんと。
 革靴が窮屈ですわ。ぱんぱんで。自転車のペダルを漕ぐにも左足
に力が入らない(どちらかというと、力を入れるのが怖くてセーブ
してしまうのでしょう)。
 力を入れると、足の甲から体液がぶしゅーっと出そうな感覚が
する。もちろん出ないけど。
 日頃の利き足が左足なので、右足に力を入れて漕ぐのは違和感が
あるというか、右ももの筋肉が使われているのを感じる。
 右足が少しは鍛えられるかしら。
 たいていは、数日で治るので、今回もじきに治るとは思うのだけど、
糖尿病などで起きる足の壊疽の初期症状に少し似ているという
メールを送ってくださった人もいるし、土日でひかなければ、病院に
行くとしようか。
 ただ単に、水虫からばい菌が入ってなることもあるそうです。
いや、私は水虫じゃないけど。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

腫れ腫れ

 左足指の水ぶくれ状況ですが、中指の薬指側側面に無くなりかけ
が1つ。薬指の爪近くに、これまた無くなりかけが1つ。
 新たにできたのが、薬指と小指の股の付け根。
 うーむ、中指の人差し指側側面から始まって、だんだん小指に
移っているな。
 結局、なんだろね、これができる原因。
 朝はともかく、昼間のデスクワークの間にだんだんと足がむくん
できて、靴先が窮屈になってきて圧迫してしまい、痛くなってくる
のよ。
 その影響で悪化するのだろうなあ。
 まてよ、尿蛋白が陽性だったということもあり。
 腎臓病の一種であるネフローゼ症候群は、血液中のタンパク質が
大量に尿中に出てしまうため、アルブミンが少なくなり低タンパク
血症を起こし、浸透圧が低下して下肢ばかりではなく顔面もむくん
できます。とな。
 いやいや、むくむのは(靴の中の)左足だけだし。
 社内はサンダル履きにした方が良いのかなあ。

 とか書いている場合じゃなくて。
 指の付け根を含み、足の甲に直径7センチ程度の赤腫れができて
しまい。熱を持って暖かいな。うむ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

鼻から

 眼圧が高いのか、まぶたの裏側が鈍い痛み。
 いやいや、鼻水を啜る勢いで、目の方にも負担がかかっているの
かしら。眼球が飛び出たりして。それはなんだか情けなや。
 喉が渇くのか喉に熱があるのか、ちと、ひりつくことも。
 まあ、社内の場合、湿度が 40 くらいなので、それでかしら。
 ああ、花粉症のせいか。鼻炎薬飲んでいるし。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

グリニッジ

 今まで気にしていなかったのだけど、Acrobat の文書を作った
際に、文書の概要が埋め込まれますよね。
 
 それには、作成日時や変更日時も書かれているわけですが、
この6時 10 分というのは、どうなんでしょ。
 私は午後になってから作成したはずだし、そもそもこの時間は、
最初の目覚ましを止めて、再び寝に入っている頃だと思う。
 もしかして、作成日時は、グリニッジ天文時かしら。
 いや、他のファイルは、普通だなあ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

CDの行く末

 「海外生産の邦楽CD、国内への還流禁止 著作権法改正へ」
とな。
 アジアで生産・販売されている日本のCDを逆輸入して、
(もちろん国内生産のより)安く販売している……というのは、私が
見かけるのは、ショッピングセンターの一角にある特設会場で時々
売られたりする、というくらいなのだけど、どんなもんでしょ。
 あと、駅前かな。あんまり買い物しないのでよく知らない。
 とまあ、こういうのを政府が禁止すると。
 音楽産業の衰退につながるとして、レコード業界が還流防止策を
求めていたそう。
 相変わらず、消費者無視というか、自分らの儲けだけ考えている
のね。と、私なんかは思ってしまうわけです。
 次に考えるのは、政府は、業界から金をもらっているのかと。
 会社でいうところの、部下の方を見ずに、社長の方ばかりに目が
行っている人、みたいな感じか。
 そもそも、出来の良し悪しは別として、たくさんの種類が発売
されているわけで、それ買えそれ買えと売るばかりでは能がない。
脳もないかも。書籍にしても、出版されすぎだしね。
 ちゃんと買ってもらえるCDを売る方が先かと思うのですが。
 逆輸入CDに勝っている点はないのか?
 一番単純なのは、値下げして遜色ないようにすればいいけれど、
物価の違いを挙げるだろうし、そもそも今まで楽してあぐらをかいて
きた価格を下げるのは、頭の固い(もしくはお金が好きな)方々
にはなかなかできないでしょうし。不正コピーのこともあるしね。
 しかし、改正案で輸入禁止の対象となるのは、日本で販売しない
条件で生産・販売を認めたCDだそうなので、そもそも輸入したら
まずいのではないかしら。うむ?
 私個人で言うなら、レンタルは嫌いなので買うし、その際でも
逆輸入ものは買うつもり無いけれど。
 いやまて、特に好みのアーティストでない場合で、ちょっと興味
が湧いたという時は、中古を買うな。その程度のCDの場合は、
逆輸入を買う可能性もあるか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

マッハといえば

 結局、左足の薬指は、バビーンと腫れてしまいました。もお。
 座っているなど、足を動かさない分には、少し痒い程度なの
だけど、歩くと痛いわけで。
 久しぶりの墓参りと、ちと買い物の際も、ちくちくと。
 いやー、春一番なのか強風で、花粉も飛びまくっているのだろう
なあ。今年は飛散量が少ないということで、助かっていますが。
 もしかしたら、コレステロール値を下げるための食事による体質
改善が、花粉症の方にも効果があるのかもしれないけれど。
 尿蛋白が陽性だったということもあり、ウリエースを買っとく。
 気が違えたのか、マッハ Go Go Go の BOX を買ったりもする。
 うへー、懐かしいわー。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2004年2月8日 - 2004年2月14日 | トップページ | 2004年2月22日 - 2004年2月28日 »